福井県小・中学生宇宙絵画コンクール、最優秀賞一覧

最優秀賞県知事賞

第3回福井県小・中学生宇宙絵画コンクール(福井新聞社主催、福井県児童科学館共催、富士通福井支店特別協力)の審査会がこのほど開かれました。「宇宙での夢」をテーマに県内の小中学校、特別支援学校から過去最多となる5782点の応募がありました。入賞作品の中から最優秀賞9点を紹介します。

最優秀賞県知事賞
最優秀賞県知事賞・藤井環気さん
最優秀賞県知事賞 田村十兵衛さん
最優秀賞県知事賞 田村十兵衛さん
最優秀賞県知事賞 中屋咲希さん
最優秀賞県知事賞 中屋咲希さん
最優秀賞 県児童科学館開館20周年記念毛利衛賞 村井乃彩さん
最優秀賞 県児童科学館開館20周年記念毛利衛賞 池田峰正さん
最優秀賞 県児童科学館開館20周年記念毛利衛賞 池田峰正さん
最優秀賞 県児童科学館開館20周年記念毛利衛賞 幸田暖大さん
最優秀賞 県児童科学館開館20周年記念毛利衛賞 幸田暖大さん
最優秀賞 福井新聞社賞 中島さあやさん
最優秀賞 福井新聞社賞 中島さあやさん
最優秀賞 福井新聞社賞 久保莉乃さん
最優秀賞 福井新聞社賞 久保莉乃さん
最優秀賞 福井新聞社賞 畑中優佑さん
最優秀賞 福井新聞社賞 畑中優佑さん

宇宙絵画コンクール応募最多5782点 福井新聞社で審査会

子どもたちの感性光る作品が寄せられた宇宙絵画コンクールの審査会=10月19日、福井新聞社
子どもたちの感性光る作品が寄せられた宇宙絵画コンクールの審査会=10月19日、福井新聞社

宇宙分野や科学技術に携わる人材の育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の第3回福井県小・中学生宇宙絵画コンクール(福井新聞社主催)の審査会が10月19日、福井新聞社で開かれた。昨年を1457点上回る最多の5782点の応募があり、9人が最優秀賞に選ばれた。

福井県内の101小学校、29中学校、6特別支援学校から小学生5254点、中学生528点の応募があった。

「宇宙での夢」がテーマで、画材はクレヨンや水彩、油彩など自由。審査会場のフロアには、未来の宇宙の暮らしや乗り物など、児童生徒が想像力を膨らませてのびのびと描いた力作が並んだ。

洋画家の清水正男さんを審査委員長に6人が審査。小学生6点と中学生3点の最優秀賞をはじめ、優秀賞15点、特別賞18点、優良賞54点、秀作270点、入選822点の入賞計1188点を決めた。

清水委員長は「福井の子どもたちが描く宇宙は、暗黒の世界ではなく実に色彩豊か。魚釣りや花壇など身近な生活から発想される画題を選んでいる子が多く、潤いのある宇宙の夢に感動させられた」と話していた。

表彰式は11月23日に坂井市の県児童科学館で。優良賞以上を同23日から12月1日まで同科学館で、秀作以上を12月下旬に本社で展示する。

特別賞以上は次の皆さん。

【小1】▽最優秀賞(毛利衛賞) 池田峰正(啓蒙)▽優秀賞 平林茂篤(平泉寺)藤田梨央(三国北)▽特別賞 伊藤永悟(金津)坂森理人(中郷)
【小2】▽最優秀賞(知事賞) 田村十兵衛(越廼)▽優秀賞 岸賢佑(社北)松島光希(下庄)▽特別賞 織田悠生(加戸)吉田來稚(常磐)
【小3】▽最優秀賞(福井新聞社賞) 中島さあや(今富)▽優秀賞 伊藤琉騎(萩野)藤本昴(武生南)▽特別賞 黒川栞(日之出)小西遼真(本荘)
【小4】▽最優秀賞(福井新聞社賞) 畑中優佑(有終東)▽優秀賞 中島広太郎(社南)伊藤愛乃(神明)▽特別賞 石川胡花、野尻新(啓蒙)
【小5】▽最優秀賞(知事賞) 藤井環気(春山)▽優秀賞 向奏太郎(木田)藤田将旗(雄島)▽特別賞 浜川照矢(中央)橋本理央(小浜美郷)
【小6】▽最優秀賞(毛利衛賞) 村井乃彩(麻生津)▽優秀賞 小谷季(木田)南部匠成(神明)▽特別賞 廣濱好真(西藤島)岡林大知(酒生)
【中1】▽最優秀賞(知事賞) 中屋咲希(灯明寺)▽優秀賞 松本麻奈可(武生一)▽特別賞 岩本ほたる、寺外珠梨(成和)増田優衣(鷹巣)
【中2】▽最優秀賞(福井新聞社賞) 久保莉乃(三方)▽優秀賞 大谷地愛梨(小浜)▽特別賞 久保汐里(勝山中部)加門宗冴(小浜)
【中3】▽最優秀賞(毛利衛賞) 幸田暖大(高志)▽優秀賞 佐々木陽向(今庄)▽特別賞 上田咲成(小浜)

宇宙絵画コンクール、福井で表彰式 入賞作を11月20日まで展示

最優秀賞の賞状を受け取る坪川さん(中央)=11月17日、福井県の福井新聞社・風の森ホール
最優秀賞の賞状を受け取る坪川さん(中央)=11月17日、福井県の福井新聞社・風の森ホール

宇宙や科学技術に携わる人材育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の「第2回福井県小・中学生宇宙絵画コンクール」(福井新聞社主催)の表彰式が11月17日、福井新聞社・風の森ホールで行われた。坪川和愛さん(福井市)ら最優秀賞6人をはじめ、入賞者の夢あふれる想像力をたたえ表彰状を贈った。

福井新聞社の吉田真士社長は「宇宙は未知の世界で、無限の可能性を秘めている。福井の未来を担う皆さんの可能性も無限大。その可能性を育てていけるかは皆さんの気持ち次第」とあいさつ。審査委員長を務めた洋画家の清水正男さんは「一生懸命描いて表彰された今回の宇宙絵画のように、自分が考えていることを諦めず実現していってほしい」とエールを送った。

最優秀賞に輝いた細川敬史君(小浜市)は「いつか宇宙に行くときに困るから」と、宇宙に漂うごみを回収する機械を壮大に描いた。小川祐生さん(福井市)は美術部活動の集大成として作品を仕上げ、「将来も美しい自然が残る地球を宇宙から見ることができるなら(宇宙へ)行ってみたい」と受賞の喜びを表現した。

コンクールには、県内の小中学校と特別支援学校から計4325点の応募があった。宇宙での暮らしや乗り物などを豊かな想像力で描いた力作が寄せられ、最優秀賞6点、優秀賞12点、特別賞18点、優良64点など入賞計931点を選んだ。この日は優良以上の100人に賞状などを手渡した。

秀作以上の入賞作301点は20日まで、福井新聞社のエントランスと風の森ギャラリーで展示される。

第2回宇宙絵画コンクール、最優秀作決定 福井で審査会

想像力豊かな子どもたちの作品が寄せられた宇宙絵画コンクールの審査会=10月21日、福井県福井市の福井新聞社
想像力豊かな子どもたちの作品が寄せられた宇宙絵画コンクールの審査会=10月21日、福井県福井市の福井新聞社

 宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の「第2回福井県小・中学生 宇宙絵画コンクール」(福井新聞社主催)の審査会が10月21日、福井新聞社で行われた。県内4325人の子どもたちが描いた「宇宙での夢」を専門家5人が審査し、最優秀賞に坪川和愛さん(福井市)ら6人を選んだ。

 県内の86小学校、25中学校、5特別支援学校から小学生3843点、中学生482点の応募があり、昨年を1185点上回った。

 画材はクレヨンや水彩など自由。テーマに沿って、未来の宇宙の暮らしや乗り物など、児童生徒たちが想像力を膨らませた夢あふれる力作が寄せられた。

 審査は元中学校美術教諭で洋画家の清水正男さんが審査委員長を務め、作品を入念にチェック。小学生、中学生の部それぞれの最優秀賞3点をはじめ、優秀賞12点、特別賞18点など入賞計931点を選んだ。清水委員長は「発想豊かで、バラエティーに富んだ意欲的な作品が多かった。色彩が優れ、筆の運びにも勢いがあり、表現力も素晴らしかった」と評した。

 表彰式は11月17日に本社で行われ、入賞の秀作以上を同日から20日まで展示する。