手作りの移動式プラネタリウムに歓声 星空キャンプ・福井新聞スペースキッズ

ドーム内で星空観察を楽しむ児童たち=2019年8月22日、福井県あわら市の福井県立芦原青年の家
ドーム内で星空観察を楽しむ児童たち=2019年8月22日、福井県あわら市の福井県立芦原青年の家

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」の夏イベント「星空キャンプ」(2019年8月22~23日、福井県立芦原青年の家)。 「おーきれい!」「天の川が見える!!」。直径5メートルのドームの内部に夏の星空が映し出されると、児童から歓声が上がった。22日夜は外で星空を観察する予定だったが、あいにくの曇り空のため体育館に場所を移しプラネタリウム上映に変更。児童は床に座ったり、寝そべったりしながら、この日見えるはずだった星空を堪能し宇宙への憧れを強くしていた。

使用した移動式のプラネタリウムドームは、県内大学生や高専生、高校生らと福井新聞社の記者による「どこでもプラネタリウム(どこプラ)プロジェクト」のメンバーが昨年度に製作した。扇風機を使って膨らませ、内部ではプラネタリウムのソフトの映像をプロジェクターで投映した。

プラネタリウムは、15~30人ずつ5回に分けて上映し、県立芦原青年の家の平田幸憲主任がガイドを務めた。平田主任は「星座はかつて、方角を知る手がかりになっていた」と話し、夏の夜空に見えるさそり座、いて座、へびつかい座のほか、こと座、わし座、はくちょう座の夏の大三角の位置と、これらの星座にまつわる物語を紹介。児童はドーム内の“星空”を眺めながら想像を膨らませていた。

福井市中藤小5年の女児は「星座に関する物語を知ることができて面白かった。住んでいる場所では(明かりの影響で)あまり星が見えないので、プラネタリウムできれいな星空を見られてうれしかった」と声を弾ませていた。

カレーライス作りに夢中 星空キャンプ・福井新聞社スペースキッズ

みんなで協力して作ったカレーライスを味わう子どもたち=2019年8月22日、福井県立芦原青年の家
みんなで協力して作ったカレーライスを味わう子どもたち=2019年8月22日、福井県立芦原青年の家

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)の夏イベント「星空キャンプ」(2019年8月22~23日、福井県立芦原青年の家)。22日の夕食は炊事場でカレーライス作りに挑戦した。7~8人ごとに14班に分かれ、火おこしや野菜切り、皿洗いなど役割分担し、協力して取り組んだ。

火おこしではなかなか火がつかず苦戦したが、友だちと協力してうちわをあおぎ、火の勢いを強めた。「水の量はこれくらいかな」「野菜はこうやって切るといいよ」など相談し合い、2時間ほどかけて完成した。

「いただきます!」。班ごとで合唱し、おいしそうにカレーをほおばった。福井市春山小5年の男児は「ちょっと水っぽくなったけど、みんなで作ったカレーはおいしかった」と笑顔で話していた。

星空キャンプ、手作りペットボトルロケットに大興奮 福井新聞社スペースキッズ

手作りのペットボトルロケットを飛ばし飛距離を競う児童たち=2019年8月23日、福井県あわら市の県立芦原青年の家
手作りのペットボトルロケットを飛ばし飛距離を競う児童たち=2019年8月23日、福井県あわら市の県立芦原青年の家

 

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)の夏イベント「星空キャンプ」が2019年8月22、23の両日、福井県あわら市の県立芦原青年の家で開かれた。県内の小学5、6年生約90人が自作のペットボトルロケットを飛ばして飛距離を競ったり、移動式のプラネタリウムで星空を観察したりして、宇宙や科学の魅力に触れる充実の2日間を過ごした。

「3、2、1、発射!!」―。23日に芝生広場で行われたペットボトルロケット大会では、児童手作りのロケットを打ち上げて飛距離を競った。カラーテープやフェルトペンで思い思いにデザインした“自慢の一機”は、水しぶきを勢いよく噴射させ大空へ。児童たちは歓声を上げながら、夏の思い出を目に焼き付けた。

ロケット作りはキャンプ初日の22日に行った。県児童科学館(坂井市)のスタッフから、ペットボトル内の水が空気で押し出される反動で飛ぶことを学んだ後、製作スタート。遠くまで飛ぶロケットになるよう、ペットボトル側面に取り付ける羽根の枚数や形をじっくり考察。とがった形や丸みを持たせた形にするなど工夫し、好みのデザインに仕上げた。

大会では1人2回ずつ打ち上げた。ロケットに水を注入し慎重に発射台へ。児童のカウントダウンでレバーを握ると、大きな放物線を描いたり、低い弾道で真っすぐ飛んだりとさまざまな軌道を描いた。2回目は水の量や空気圧を変えて挑戦。児童たちは「うわーすごい!」「今の(ロケット)が一番飛んだんじゃない?」などと終始大興奮。1回目に思うように飛ばなかった児童は「まだもう1回ある」と、水の量や空気圧を考えながら2回目に臨んでいた。

福井市国見小5年の男児は「遠くまで飛んで気持ちよかった。羽根の方向を変えてまた飛ばしたい」と充実した表情。同市木田小5年の男児は「迫力があってドキドキした。夢は宇宙飛行士になること。自分が作ったものよりも大きなロケットに乗って、宇宙へ行きたいという思いが強くなった」と目を輝かせていた。

星空キャンプ、宇宙への夢育んだ2日間 スペースキッズ、福井県の芦原青年の家で

ペットボトルロケットの完成を喜ぶ児童たち=2019年8月22日、福井県あわら市の県立芦原青年の家
ペットボトルロケットの完成を喜ぶ児童たち=2019年8月22日、福井県あわら市の県立芦原青年の家

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)の夏イベント「星空キャンプ」が8月22、23の両日、福井県あわら市の県立芦原青年の家で2日間の日程で行われた。初日は県内小学5、6年生84人がロケットが飛ぶ仕組みを学び、ペットボトルロケット作りに挑戦した。

⇒星空キャンプの写真集を見る

イベントは、宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指そうと福井新聞社が展開している「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環で、今回で3回目となる。

ペットボトルロケット作りは、県児童科学館(坂井市)のスタッフが指導。児童たちはボトル内の水が空気で押し出される反動で飛ぶことを学んだ後、製作開始。ペットボトルの側面に取り付ける羽根を何枚使えば遠くまで飛ぶかを自分なりに考え、羽根の角を丸く切ったり、とがった形にしたりして思い思いのデザインに仕上げた。

昨年に続いて参加した福井市の小学6年生の女児は「前回は羽根を3枚にしてバランスが悪かったので、今回は4枚にしてみました」と笑顔。ロケットには「とおくまでとびますように」とメッセージを添え「早く飛ばしたいし、いつか本物のロケットが飛び立つ瞬間も見てみたいな」と夢を描いていた。

この日は曇りで星空が見えなかったため、当初の予定を変更し体育館でプラネタリウム鑑賞会を開いた。県内大学生や高専生、高校生らと福井新聞社の記者による「どこでもプラネタリウム(どこプラ)プロジェクト」で製作した直径5メートルの移動式ドームを使用。内部に設置したプロジェクターから、この日見えるはずだった星空が映し出されると、児童は「きれい」と歓声を上げて喜んでいた。

福井信用金庫による金融教室もあった。23日はペットボトルロケット大会を開き、児童が自作した自慢のロケットを飛ばした。

スペースキッズ2019始動 福井で結団式

そろいの衣装で宇宙について学ぶ意欲を示したスペースキッズ=6月16日、福井県福井市のハピテラス
そろいの衣装で宇宙について学ぶ意欲を示したスペースキッズ=6月16日、福井県福井市のハピテラス
そろいの衣装で宇宙について学ぶ意欲を示したスペースキッズ=6月16日、福井県福井市のハピテラス

宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」を展開する福井新聞社は6月16日、子ども組織「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)の結団式を福井市のハピテラスで行った。さまざまな体験を通して、無限に広がる可能性に挑戦したい―。好奇心あふれる団員たちは、楽しみながら宇宙への関心を高め活動していくことを誓った。

結団式は、航空宇宙の国際会議「第32回宇宙技術および科学の国際シンポジウム(ISTS)福井大会」に合わせて行った。

3期生となるスペースキッズには、県内の小学5、6年生103人が参加。式には団員88人と保護者ら約200人が出席した。福井新聞社の吉田真士社長はあいさつで「未来の福井を引っ張ってくれるような人になってください」と激励した。

山田賢一副知事は「宇宙を知ることは、地球や福井、自分たちを知ることにつながる」とエールを送り、応援団長を務める川邊勝憲・福井信金常務理事は「夢を追いかける皆さんを全力でサポートする」と話した。3年連続でスペースキッズのサポーターを務める宇宙飛行士の山崎直子さんは「将来一緒に働ける宇宙飛行士が出てくれたらうれしい」と激励のメッセージを寄せた。

団員を代表して福井大附義務6年の女児が「昨年も参加し、挑戦することの大切さを知った。福井の宇宙分野に貢献できる人になりたい」と力強く抱負を語り、活動が待ち遠しそうだった。

宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センターの鈴木圭子主任による「宇宙のお仕事トーク」もあった。

団員になった5年生の男児は「宇宙は解明されていないことが多くて面白そう。惑星に興味があるから、少しでも知れたらいいな」と話していた。

スペースキッズの活動は、天体観測やキャンプ、施設見学、科学体験などを予定している。

スペースキッズ2019始動 福井で結団式 ゆめつくるふくい

これからの活動に向けて士気を高める団員たち=2019年6月16日、福井県福井市のハピテラス
これからの活動に向けて士気を高める団員たち=2019年6月16日、福井県福井市のハピテラス

宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指すプロジェクト「ゆめ つくる ふくい」を展開する福井新聞社は2019年6月16日、子ども組織「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)の本年度の結団式を福井県福井市のハピテラスで行った。好奇心あふれる団員たちは、楽しみながら宇宙への関心を高め活動していくことを誓った。

結団式は、開催中の航空宇宙の国際会議「第32回宇宙技術および科学の国際シンポジウム(ISTS)福井大会」に合わせた。

3期生となるスペースキッズには県内の小学5、6年生103人が参加。式には団員88人と保護者ら約200人が出席した。福井新聞社の吉田真士社長はあいさつで、「活動を通して、将来の福井を引っ張っていく人になってください」と激励した。

3年連続でスペースキッズのサポーターを務める宇宙飛行士の山崎直子さんは「将来一緒に宇宙の仕事ができたらうれしい」とメッセージを寄せ、団員を代表して水野陽由さんが「宇宙分野で活動を広げる福井に貢献できる人になりたい。今からわくわくしている」と意欲を述べた。

団員は、天体観測、ペットボトルロケット作りなどを通じて宇宙や科学の魅力に触れる。

高専生が児童にスペースバルーン解説 子どもら興味津々

スペースバルーンで使った機体を団員に説明する福井高専生。背後のモニターで、撮影した映像を放映した=福井県坂井市の県児童科学館

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)の冬イベントが16日、福井県坂井市の県児童科学館で開かれた。気象観測用の風船を使って宇宙や地球を撮影する「スペースバルーン」の報告では、福井高専生が活動の軌跡を小学5、6年生の団員約60人に説明した。撮影に成功した宇宙の映像も放映され、団員は「とってもきれい」と大興奮。「自分も撮影してみたい」と宇宙への思いを広げていた。

スペースバルーンは、カメラなどを搭載した発泡スチロール製の箱形の機体を風船につり下げて、高度約3万メートルの成層圏から宇宙や地球を撮影する。同高専生と福井新聞社の記者が今年3月に活動を開始し、10月に沖縄県宮古島市で撮影に成功した。

同高専生は、低温になる上空の環境を考慮してカメラなどに対策を施したことや、打ち上げ当日の工程を説明した。機械工学科4年の渡辺虎生太さんは「最初は全く知識がない状態だったけど、いろいろなことを勉強して成功することができた。みんなも興味のあることにどんどん挑戦してほしい」と呼び掛けた。

団員は「機体の中はどうなっているの」などと興味深そうに質問。野田隼君(福井市)は「7カ月でこれだけのことができるなんてすごい。僕も作ってみたい」と興奮した様子だった。

真空実験の体験もあった。特殊なポンプで容器内の気圧を下げて真空に近づけると、中にあるマシュマロや菓子袋が膨張していき、団員は「こんなに膨らむんだ」と驚きの声を上げた。同館職員は、地球上は1気圧で宇宙は気圧がゼロと説明。17日に国際宇宙ステーションに向かう宇宙飛行士の金井宣茂さんがブログで「パンパンに膨らまないよう宇宙服の中は1気圧よりも低い圧力に保たれている」と記していることを紹介した。

野尻峻佑君(同市)は「マシュマロはへこむと思っていたので、真空の原理が学べた。実験を思い出しながら、金井さんの打ち上げを見て応援したい」と声を弾ませていた。

飛行機の技術すごい!小松空港見学 プログラミング体験も

機体の間近で、整備士から構造を教わる団員=7日、石川県小松市の小松空港

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)の秋イベント「飛行機の裏側見学&プログラミングツアー」が7日、石川県小松市で開かれた。小学5、6年生の団員76人が参加し、小松空港で着陸した直後の旅客機を間近で見学。機体に触ったり、真下から見上げたりして「飛行機には機械がいっぱい詰まっている!」と空を飛ぶ技術のすごさに感嘆していた。

イベントは、宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指そうと福井新聞社が展開している「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環。

「ゴー」という迫力満点のエンジン音とともに、羽田空港発の旅客機ボーイング767(260人乗り)が降り立つと団員は大はしゃぎ。機体の間近に集まって、日本航空の整備士から構造の説明を受けた。

直径1メートル以上のタイヤに触ると「温かい」と驚いた様子。着陸直後は摩擦で約40度と教わった。エンジンの吸気口前では直径約3メートルの大きさを目の当たりにし、ファンの羽根が38枚と確認。上空で氷の塊を吸い込まないよう、吸気口付近を温めているという工夫を学んだ。

機長は偶然、あわら市金津小出身の近藤敬(たかし)さん(48)で、団員は熱心に質問し交流した。約30分後、近藤機長が操縦する羽田行きの離陸を団員全員で手を振りながら見送った。記念写真を撮った岡本陽輝(はるき)君(福井市湊小5年)は「パイロットと話せてうれしかった。飛行機にはいっぱい機械があり、整備されていることを初めて知った」と笑顔で話した。

その後、団員は近くの科学館「サイエンスヒルズこまつ」を訪れ、車の形のロボットをプログラミングし走行させる体験を楽しんだ。

星空キャンプ「星の海」神秘的

プラネタリウムを楽しむスペースキッズ
プラネタリウムを楽しむスペースキッズ

スペースキッズの団員は8月2日夜、福井県大野市の県自然保護センターを訪れプラネタリウムの観察も楽しんだ。「星がいっぱい。神秘的だな」。頭上に映し出された無数の輝きを眺めて声を弾ませた。

⇒【写真】星空キャンプのようすをもっと

プラネタリウムがある部屋に入り席に着くと「早く見せて」と待ちきれない様子の団員たち。六呂師高原から見える星空が天井に映し出されると、「すごい!! きれい!!」と星を指さして歓声を上げていた。夏の星座の見方や星の特徴についての説明を受けながら観察。星を線でつなぐと浮かび上がる、はくちょう座やわし座、へびつかい座などに見入り、宇宙への興味を広げていた。

夏の大三角を作る星座の一つ、こと座にまつわる切ない愛の物語も学んだ。前田桜奈さんは「星座一つ一つにストーリーがあるのが面白い」と話していた。

マイ・ロケット完成! 大野で星空キャンプ

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)のイベント「宇宙っておもしろい 星空キャンプで夏満喫」が2日、福井県大野市の県奥越高原青少年自然の家を舞台に2日間の日程で始まった。初日は小学5、6年生の団員89人が、ペットボトルロケット作りに挑戦。プラネタリウムでの星座観察も満喫し、団員たちは「いつか本物のロケットを打ち上げてみたい」と宇宙に思いをはせていた。

⇒【写真】星空キャンプのようすをもっと

イベントは、宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指そうと福井新聞社が展開している「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環。

「ロケットはどうして飛ぶのかな」。講師の県児童科学館(坂井市)職員の問い掛けで始まったペットボトルロケット作り。団員は、ペットボトル内の水が空気で押し出される反動で飛んでいく仕組みを学び、燃料は違っても本物のロケットと同じ原理で飛ぶことに興味津々。バランスを取るためペットボトルに取り付ける羽根の角を丸くしたり、とがらせたりして思い思いのデザインを考え、自分だけのロケットを完成させた。

阿宇礼三倶得(あうれみげる)君(社北5年)は「遠くまで飛びそう」と仕上がりに満面の笑み。宇宙飛行士になるのが夢と話し、「大きくなったら本物のロケットに乗りたい」と目を輝かせていた。

夜は県自然保護センターに移動し、プラネタリウムで星座観察を楽しんだ。福井信用金庫による金融教室もあった。3日はペットボトルロケット大会を開き、団員が自作した自慢のロケットを飛ばす。