第1回宇宙絵画コンクール

 ■応募作3140点を審査(2017年10月)

宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環として、今年初めて募集した「宇宙絵画コンクール」(福井新聞社主催、オーイング特別協賛)の審査会が2017年10月14日、福井新聞社で行われた。福井県内3140人の子どもたちが描いた「宇宙での夢」を専門家6人が審査し、最優秀賞に川端奏介君(今庄小1年)ら6人を選んだ。

子どもたちの夢にあふれる作品が寄せられた宇宙絵画コンクールの審査会=2017年10月14日、福井新聞社

県内の82小学校、24中学校、2特別支援学校から小学生2650点(特別支援学校11点含む)、中学生490点の応募があった。画材はクレヨン、水彩、油彩など自由。テーマの「宇宙での夢」に沿って▽宇宙でしてみたいこと▽こんな宇宙旅行をしたい▽宇宙でこんな仕事をしたい▽未来の宇宙の様子―など、子どもたちの夢があふれる作品が寄せられた。

審査は元中学校美術教諭で洋画家の清水正男さんが審査委員長を務め、学年ごとに作品をチェック。小学生、中学生の部それぞれの最優秀賞3点、優秀賞6点、オーイング賞9点をはじめ、優良賞、秀作、入選を合わせて入賞計675点を選出した。清水審査委員長は「作品から子どもたちが、宇宙に対する希望や夢を膨らませて楽しんで描いたことが分かる。中でも子どもの自由な発想が伝わってくる作品を入賞にした」と話した。

 

 ■宇宙絵画コンクール、250人を表彰(2017年11月)

宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環として初めて実施した「県小・中学生宇宙絵画コンクール」(福井新聞社主催、オーイング特別協賛)の表彰式が2017年11月3日、福井新聞社・風の森ホールで行われた。最優秀の一人に選ばれた小学6年の谷口舞さんら秀作以上の入賞者に賞状などが贈られた。

宇宙絵画コンクールで最優秀賞の賞状を受け取る小学1年の川端奏介君(中央)ら=2017年11月3日、福井新聞社・風の森ホール

福井新聞社の吉田真士社長は「福井の未来を担う皆さんの可能性は宇宙に負けないくらい無限大。これまで以上に大きな夢を抱いて、成長していってください」、オーイングの浜野正和専務は「夢が広がる壮大な作品ばかりで感動しました」とあいさつした。

福井県内の82小学校、24中学校、2特別支援学校から小学生2650点(特別支援学校11点含む)、中学生490点の応募があった。この日は秀作以上の250人を表彰。1人1人に賞状などが手渡された。

 

宇宙絵画コンクール、250人表彰 「夢が広がる壮大な作品」

宇宙絵画コンクールで最優秀賞の賞状を受け取る小学1年の川端奏介君(中央)ら=11月3日、福井新聞社・風の森ホール

宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環として初めて実施した「県小・中学生宇宙絵画コンクール」(福井新聞社主催、オーイング特別協賛)の表彰式が11月3日、福井新聞社・風の森ホールで行われた。最優秀の一人に選ばれた小学6年の谷口舞さんら秀作以上の入賞者に賞状などが贈られた。

福井新聞社の吉田真士社長は「福井の未来を担う皆さんの可能性は宇宙に負けないくらい無限大。これまで以上に大きな夢を抱いて、成長していってください」、オーイングの浜野正和専務は「夢が広がる壮大な作品ばかりで感動しました」とあいさつした。

福井県内の82小学校、24中学校、2特別支援学校から小学生2650点(特別支援学校11点含む)、中学生490点の応募があった。この日は秀作以上の250人を表彰。1人1人に賞状などが手渡された。

「宇宙絵画コンクール」上位入賞作の作品展=11月3日、福井新聞社

審査委員長を務めた元中学校美術教諭で洋画家の清水正男さんは「宇宙を描くのは初めてだったと思うが、作品はとても見事で感動した。来年のコンクールでは、宇宙ではどんな暮らしになるかを想像し、考えを膨らませて表現してほしい」と期待を込めて語った。

受賞した谷口さんは「宇宙ではコップで飲み物を飲めないことを知り、宇宙は面白いと感じた。最優秀賞は自分でもすごいと実感している」。同じく最優秀賞に輝いた中学3年の加藤美友さんは「宇宙のことを調べて、自分なりに宇宙エレベーターを想像して描いた。将来実現すればうれしい」と喜びを表した。

川端奏介君(今庄小)ら最優秀賞 宇宙絵画コンクール審査

子どもたちの夢にあふれる作品が寄せられた宇宙絵画コンクールの審査会=14日、福井新聞社

宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環として、今年初めて募集した「宇宙絵画コンクール」(福井新聞社主催、オーイング特別協賛)の審査会が14日、福井新聞社で行われた。福井県内3140人の子どもたちが描いた「宇宙での夢」を専門家6人が審査し、最優秀賞に川端奏介君(今庄小1年)ら6人を選んだ。

県内の82小学校、24中学校、2特別支援学校から小学生2650点(特別支援学校11点含む)、中学生490点の応募があった。画材はクレヨン、水彩、油彩など自由。テーマの「宇宙での夢」に沿って▽宇宙でしてみたいこと▽こんな宇宙旅行をしたい▽宇宙でこんな仕事をしたい▽未来の宇宙の様子―など、子どもたちの夢があふれる作品が寄せられた。

審査は元中学校美術教諭で洋画家の清水正男さんが審査委員長を務め、学年ごとに作品をチェック。小学生、中学生の部それぞれの最優秀賞3点、優秀賞6点、オーイング賞9点をはじめ、優良賞、秀作、入選を合わせて入賞計675点を選出した。清水審査委員長は「作品から子どもたちが、宇宙に対する希望や夢を膨らませて楽しんで描いたことが分かる。中でも子どもの自由な発想が伝わってくる作品を入賞にした」と話した。

表彰式は11月3日、福井新聞社・風の森ホールで行われる。入賞作の一部は同日から5日まで、福井新聞社・風の森ギャラリーで展示される。

主な入賞者は次の皆さん。

【最優秀賞】川端奏介(今庄小1)大塚千旦(敦賀北小4)谷口舞(北日野小6)田中杏奈(灯明寺中1)酒井瞳(同2)加藤美友(今庄中3)
【優秀賞】藤井愛音(北日野小1)山崎絢(神明小2)向奏太郎(木田小3)坂下菖蒲(松原小4)前川瑛亮(木田小5)山崎昊(神明小5)前田陸斗(坂井中1)川畑皓平(春江中1)酒井ななみ(武生五中2)宗近祐里(万葉中2)勝見美春(今庄中3)蛭子海凪(美浜中3)
【オーイング賞】野尻康平(進徳小1)寺嶋陽向(啓蒙小2)橋本佳乃(春江西小2)竹田壮佑(下庄小3)齋藤暖仁(有終西小3)岡林大知(酒生小4)田中良(宝永小5)杉下剣心(富田小6)野坂優真(福井特支小6)横井歩夢(小浜二中1)大辻実佑(武生一中1)辰巳楓花(松岡中1)小林優花(今庄中2)出口元輝(武生六中2)松本誠也(中央中2)山口昇(今庄中3)建部真希(河野中3)竹阪茜(松陵中3)