スペースキッズ、宇宙科学の夢へ発進 福井新聞社で2期目結団式

スペースキッズ結団式で、これからの活動に向け気合を入れる団員たち=2018年5月13日、福井県福井市の福井新聞社

宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指す「ゆめ つくる ふくい」プロジェクトを展開する福井新聞社は5月13日、子ども組織「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)の結団式を本社・風の森ホール(福井県福井市)で行った。宇宙や科学の不思議をもっと知りたい―。団員たちは、さまざまな体験を通じて宇宙にまつわる知識や夢を広げていくことを誓い合った。

2期生となるスペースキッズには県内の小学5、6年生100人が参加。式には保護者らを含め約200人が出席した。福井新聞社の吉田真士社長はあいさつで、県内企業などが2020年度に人工衛星の打ち上げを目指していることを紹介し「皆さんにはその応援団として活動してもらい、科学や宇宙に興味を持ってもらうことを期待しています」と話した。

西川一誠知事は「世界や宇宙を目指す人材になってもらいたい」、応援団長を務める高橋俊郎・福井信金理事長は「体験を通じて宇宙への夢を探ってほしい」とそれぞれエールを送った。スペースキッズのサポーターを務める宇宙飛行士の山崎直子さんも激励メッセージを寄せた。

団員を代表し、昨年度に引き続いて参加した山内諒人君(福井市)が「(2月に坂井市の県児童科学館で)金井宣茂宇宙飛行士と交信できた感動が今でも心に残っている。今回も宇宙や科学について知識を深めたい」と力強く抱負を述べた。

サイエンスショーもあり、県児童科学館のスタッフが人工衛星に見立てた風船を使い、衛星利用測位システム(GPS)の仕組みを紹介した。ペットボトルロケットの発射も実演した。県内高校生や大学生、福井新聞記者が共同で取り組んでいるプラネタリウムドーム製作プロジェクトの説明もあった。

団員は、天体観測、ペットボトルロケット作り、施設見学など1年間の活動を通じて宇宙や科学の魅力に触れる。結団式の詳しい内容は、26日付の特集面で紹介する予定。

第1回宇宙絵画コンクール

 ■応募作3140点を審査(2017年10月)

宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環として、今年初めて募集した「宇宙絵画コンクール」(福井新聞社主催、オーイング特別協賛)の審査会が2017年10月14日、福井新聞社で行われた。福井県内3140人の子どもたちが描いた「宇宙での夢」を専門家6人が審査し、最優秀賞に川端奏介君(今庄小1年)ら6人を選んだ。

子どもたちの夢にあふれる作品が寄せられた宇宙絵画コンクールの審査会=2017年10月14日、福井新聞社

県内の82小学校、24中学校、2特別支援学校から小学生2650点(特別支援学校11点含む)、中学生490点の応募があった。画材はクレヨン、水彩、油彩など自由。テーマの「宇宙での夢」に沿って▽宇宙でしてみたいこと▽こんな宇宙旅行をしたい▽宇宙でこんな仕事をしたい▽未来の宇宙の様子―など、子どもたちの夢があふれる作品が寄せられた。

審査は元中学校美術教諭で洋画家の清水正男さんが審査委員長を務め、学年ごとに作品をチェック。小学生、中学生の部それぞれの最優秀賞3点、優秀賞6点、オーイング賞9点をはじめ、優良賞、秀作、入選を合わせて入賞計675点を選出した。清水審査委員長は「作品から子どもたちが、宇宙に対する希望や夢を膨らませて楽しんで描いたことが分かる。中でも子どもの自由な発想が伝わってくる作品を入賞にした」と話した。

 

 ■宇宙絵画コンクール、250人を表彰(2017年11月)

宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環として初めて実施した「県小・中学生宇宙絵画コンクール」(福井新聞社主催、オーイング特別協賛)の表彰式が2017年11月3日、福井新聞社・風の森ホールで行われた。最優秀の一人に選ばれた小学6年の谷口舞さんら秀作以上の入賞者に賞状などが贈られた。

宇宙絵画コンクールで最優秀賞の賞状を受け取る小学1年の川端奏介君(中央)ら=2017年11月3日、福井新聞社・風の森ホール

福井新聞社の吉田真士社長は「福井の未来を担う皆さんの可能性は宇宙に負けないくらい無限大。これまで以上に大きな夢を抱いて、成長していってください」、オーイングの浜野正和専務は「夢が広がる壮大な作品ばかりで感動しました」とあいさつした。

福井県内の82小学校、24中学校、2特別支援学校から小学生2650点(特別支援学校11点含む)、中学生490点の応募があった。この日は秀作以上の250人を表彰。1人1人に賞状などが手渡された。