宇宙絵画コンクール、最優秀賞9人含む96人に賞状 エンゼルランドふくいで表彰式

宇宙絵画コンクールで最優秀賞の賞状を受け取る田村十兵衛君(中央)ら=11月23日、坂井市の福井県児童科学館
宇宙絵画コンクールで最優秀賞の賞状を受け取る田村十兵衛君(中央)ら=11月23日、坂井市の福井県児童科学館

宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の第3回県小・中学生宇宙絵画コンクール(福井新聞社主催、県児童科学館共催、富士通福井支店特別協力)の表彰式が11月23日、坂井市の福井県児童科学館で開かれた。田村十兵衛君(福井市)ら最優秀賞9人をはじめ優良賞以上の96人に賞状などを贈り、豊かな感性と想像力をたたえた。

福井新聞社の吉田真士社長は「宇宙も皆さんも無限の可能性を秘めている。夢を持って大きく成長してほしい」とあいさつ。審査委員長を務めた洋画家の清水正男さんが講評し、「想像力やアイデアあふれる作品に、審査していてワクワクした。遊び、学び、絵をいっぱい描いて」と激励した。最優秀賞のうち県児童科学館の開館20周年記念毛利衛賞は、同館名誉館長の毛利さんがプレゼンターを務めた。

ロケットや大好きなサッカーをしている様子を伸び伸びと表現し、最優秀賞に輝いた田村君は「いっぱい人が乗ってもらえるように大きなロケットを描いて、目立つように黄色にした」と笑顔を見せた。「浮遊大陸」をテーマにダイナミックな作品を描いた村井乃彩さん(福井市)は「特にこだわったのは日本列島。おばあちゃんからもらった日本地図の下敷きを参考にした」と話した。久保莉乃さん(若狭町)は、窓から外を眺めると宇宙飛行士が手を振っている場面を描いた。「1回は宇宙へ行ってみたいな」と話していた。

コンクールには、県内の小中学校と特別支援学校から過去最多の5782点の応募があった。最優秀賞9点、優秀賞15点、特別賞18点、優良賞54点など入賞計1188点を決めた。

優良賞以上の96点を12月1日まで、県児童科学館で展示。秀作以上の366点を12月24日~1月5日、福井新聞社エントランスと風の森ギャラリーで展示する。

どこでもプラネタリウム、小浜上映会盛況 若狭図書学習センターで開催

ドーム内に広がる星空を堪能する子どもたち=11月24日、小浜市の福井県立若狭図書学習センター
ドーム内に広がる星空を堪能する子どもたち=11月24日、小浜市の福井県立若狭図書学習センター
ドーム内に広がる星空を堪能する子どもたち=11月24日、小浜市の福井県立若狭図書学習センター

福井県内の大学生、福井高専生、高校生と福井新聞記者が取り組む「どこでもプラネタリウム(どこプラ)プロジェクト」(アストロアーツ、清川メッキ工業、鯖江精機、ナカテック、富士通福井支店、福井文化服装学院特別協力)は11月24日、移動式プラネタリウムドームの出張上映会を福井県小浜市の福井県立若狭図書学習センターで開いた。家族連れら約90人がドーム内に広がる星空を堪能した。

どこプラは、宇宙や科学技術に携わる人材育成を目指す福井新聞社の「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環。約1年掛けて製作したドームは直径5メートル、高さ3・5メートルの布製で、一度に約30人が入れる。
この日の上映は、福井ライフ・アカデミーふるさと未来講座として行われた。空気を送り込んで膨らんだドームを見た子どもたちは「おっきい」と歓声を上げて中に入り、プロジェクターで投映された星空に見入った。

どこプラのメンバー竹内陽香さん(高校2年)と小川実咲貴さん(同)が解説を担当し、四季の星座や24日に見える星空を紹介した。小浜小5年の女児は「解説が分かりやすくて、とてもきれいな星空だった」と声を弾ませていた。