福井県小・中学生宇宙絵画コンクール、最優秀賞一覧

最優秀賞県知事賞

第3回福井県小・中学生宇宙絵画コンクール(福井新聞社主催、福井県児童科学館共催、富士通福井支店特別協力)の審査会がこのほど開かれました。「宇宙での夢」をテーマに県内の小中学校、特別支援学校から過去最多となる5782点の応募がありました。入賞作品の中から最優秀賞9点を紹介します。

最優秀賞県知事賞
最優秀賞県知事賞・藤井環気さん
最優秀賞県知事賞 田村十兵衛さん
最優秀賞県知事賞 田村十兵衛さん
最優秀賞県知事賞 中屋咲希さん
最優秀賞県知事賞 中屋咲希さん
最優秀賞 県児童科学館開館20周年記念毛利衛賞 村井乃彩さん
最優秀賞 県児童科学館開館20周年記念毛利衛賞 池田峰正さん
最優秀賞 県児童科学館開館20周年記念毛利衛賞 池田峰正さん
最優秀賞 県児童科学館開館20周年記念毛利衛賞 幸田暖大さん
最優秀賞 県児童科学館開館20周年記念毛利衛賞 幸田暖大さん
最優秀賞 福井新聞社賞 中島さあやさん
最優秀賞 福井新聞社賞 中島さあやさん
最優秀賞 福井新聞社賞 久保莉乃さん
最優秀賞 福井新聞社賞 久保莉乃さん
最優秀賞 福井新聞社賞 畑中優佑さん
最優秀賞 福井新聞社賞 畑中優佑さん

どこプラ、11月24日に小浜で上映会 福井県の若狭図書学習センター、参加者募集

直径5メートルのドームの中で星空を楽しむ移動式のプラネタリウム
直径5メートルのドームの中で星空を楽しむ移動式のプラネタリウム

直径5メートルのドームの中で星空を楽しむ移動式のプラネタリウムドームの上映会が11月24日、福井県小浜市南川町の若狭図書学習センターで開かれる。四季の星空の見どころをわかりやすく解説。ドームの縫製を担当した高校生らの製作秘話なども聞くことができる。

ドームは子ども約30人が入れる大きさ。宇宙や科学技術に携わる人材育成を目指す福井新聞社の「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環として、福井県内の大学生と福井高専生、高校生、福井新聞の記者が製作した。上映会では高校生2人がナレーションを担当。四季の星空の見どころを紹介する。

参加費は無料で事前申し込みが必要。上映会は午後1時半、午後2時、午後2時半からの3回で各回定員30人前後。小学3年生以下は保護者の同伴が必要になる。

申し込みは、電話(若狭図書学習センター=0770-52-2705)、FAX(同センター=0770-52-2715)、Eメール(同センター=w-tosho@pref.fukui.lg.jp )
で。氏名、希望回、連絡先の電話番号を明記する。Eメールの場合は、件名欄に「11/24 どこでもプラネタリウム申込」と記入する。若狭図書学習センターの1階事務室窓口でも申し込みを受け付けている。

県民衛星の名称「すいせん」に決定 福井県など打ち上げ目指す超小型人工衛星

県民衛星の名称が「すいせん」に決まり、衛星の模型を囲む名称考案者の5人と杉本知事(右)、進藤理事長(左)=2019年11月10日、坂井市の福井県児童科学館
県民衛星の名称が「すいせん」に決まり、衛星の模型を囲む名称考案者の5人と杉本知事(右)、進藤理事長(左)=2019年11月10日、坂井市の福井県児童科学館

福井県や県内企業が2020年度上半期の打ち上げを目指す超小型人工衛星「県民衛星」の名称発表イベントが2019年11月10日、坂井市の福井県児童科学館で開かれ、名称は公募で最も応募数が多かった「すいせん」に決まった。県の花である水仙は風雪に耐え抜いて咲くことから、宇宙の過酷な環境で運用される人工衛星の名称にふさわしいとして選ばれた。

「県民衛星プロジェクトDAY」と銘打った発表イベントで、杉本達治知事と、衛星の開発を進めている県民衛星技術研究組合の進藤哲次理事長が「すいせん」と書かれたフラッグ(旗)をお披露目した。進藤理事長は「水仙は花の形が星のよう。福井県の衛星にぴったりの名前」と講評した。

県によると、応募があった1344点のうち、62点が「すいせん」だった。この中から抽選で優秀賞5人を選び、発表会で再度抽選した結果、敦賀市の辰巳里香さん(49)が最優秀賞に決まった。辰巳さんは「県民衛星の事業が大きく花開くよう願って、すいせんにしました」と話していた。

■福井の夢、宇宙で花咲け

「みんなのゆめをのせて とびたて」「宇宙空間に美しい“すいせん”の花を咲かせよう!」―。県民衛星の名称が「すいせん」に決定した。10日に県児童科学館で開かれた発表会では「すいせん」の名が書かれたフラッグ(旗)に、訪れた子どもたちが熱い期待と応援のメッセージを書き込んだ。宇宙にまつわる体験イベントもあり、来年の打ち上げに向けた機運を盛り上げた。

名称募集で「すいせん」は最多の62件が寄せられた。発案者の一人で、優秀賞となった奈良日葵さん(鯖江市)は「水仙には『私の元へ帰ってきて』という花言葉がある。みんなの思いを乗せて飛んで行き、また福井に戻ってきてほしい」と話した。同じく優秀賞の川﨑信幸さん(66)=あわら市=は「防災などにはもちろん、米作りをしているので、衛星のデータが農業に生かせればいいな」と期待を込めた。

フラッグに「宇宙大好き」と書いた杉川颯太朗君(福井市)は「ロケットに乗って広い宇宙にどんなものがあるか見てみたい」とにっこり。「名前いいね!」「ファイト」などと書いたのは、佐藤絢香さん(同)と岡田侑子さん(同)。佐藤さんは「家の近くに水仙を育てている人もいるし、水仙の花が好きだから気に入った」と満足そう。岡田さんは「絶対に打ち上げを成功させてほしい。私も宇宙へ行って、ダンスを踊りたいな」と目を輝かせた。

県では、この日作った応援フラッグを「すいせん」の機体公開時などに展示。カザフスタンのバイコヌール宇宙基地にも持ち込み、打ち上げを見守る予定だ。

県民衛星技術研究組合の進藤哲次理事長は、応援フラッグに「宇宙ビジネス完遂!」と書き込んだ。「ついに名前が決まった。衛星からのデータ活用に向け、ソフトウエア開発に全力を挙げている。何が何でもやり遂げる」と決意を新たにしていた。

会場では、紙コップなどを使い光のスペクトル(虹)を見る分光器作りや、フラスコを真空状態にする実験など体験イベントが開かれ、人気を呼んでいた。福井新聞社の「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」で製作した移動式の「どこでもプラネタリウム」の上映会も開かれ、親子連れらでにぎわった。

県民衛星プロジェクトDAY 11月10日、エンゼルランドふくい

県民衛星プロジェクトDAYチラシ
県民衛星プロジェクトDAYチラシ(クリック・タップすると拡大版がご覧になれます)

「県民衛星プロジェクトDAY ~福井から宇宙へ」は2019年11月10日、福井県坂井市の福井県児童科学館 エンゼルランドふくいで開かれる。県民衛星の名称発表会では、来場者に抽選で宇宙グッズをプレゼント。そのほか宇宙に関する工作ワークショップや科学の不思議を体感できる教室などの体験ゾーンや、県民衛星の模型や福井発の宇宙関連の取り組みを紹介する展示ゾーンなどがあり、宇宙の魅力を満喫できるイベントとなっている。

【場所】福井県児童科学館 エンゼルランドふくい(福井県坂井市春江町東太郎丸3-1)

【日時】11月10日午前10時~午後4時半

【各イベント・ゾーン紹介】

■名称発表会(午後1時~午後1時半)

2020年度に打ち上げる県民衛星の名称を発表。来場者には抽選で宇宙グッズをプレゼント!

■宇宙と科学の体験ゾーン(午前10時~午後4時半)

▽「人工衛星をつくろう(ペーパークラフト)」
午前:人工衛星をつくろう(ペーパークラフト)
午後:真空大実験 ~空気の不思議~

▽「CDで分光器をつくろう 光のスペクトル監察

▽「スライムをつくろう」

▽「宇宙に関する本の紹介」

▽「工作ワークショップ(隕石キャッチ、くるくるUFO)」

■福井から宇宙へ 展示ゾーン

キュアテックス、クラレファスニング、サカセ・アドテック、鯖江精機、セーレン、タイヨー電子、トーヨーマシックス、ナカテック、ネスティ、春江電子、福井県工業技術センター、福井工業大学“ふくいPHOENIXプロジェクト”、福井システムズ、福井ネット、ヤマウチマテックス、山田技研

■応援フラッグをつくろう!

県民衛星の名称が書かれたフラッグに、応援メッセージや宇宙への夢を書いて、フラッグを完成させよう!

■どこでもプラネタリウム(午後2時~午後4時半)

直径5m、高さ3.5mの巨大な移動型プラネタリウムで満点の星空を観賞しよう。

宇宙絵画コンクール応募最多5782点 福井新聞社で審査会

子どもたちの感性光る作品が寄せられた宇宙絵画コンクールの審査会=10月19日、福井新聞社
子どもたちの感性光る作品が寄せられた宇宙絵画コンクールの審査会=10月19日、福井新聞社

宇宙分野や科学技術に携わる人材の育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の第3回福井県小・中学生宇宙絵画コンクール(福井新聞社主催)の審査会が10月19日、福井新聞社で開かれた。昨年を1457点上回る最多の5782点の応募があり、9人が最優秀賞に選ばれた。

福井県内の101小学校、29中学校、6特別支援学校から小学生5254点、中学生528点の応募があった。

「宇宙での夢」がテーマで、画材はクレヨンや水彩、油彩など自由。審査会場のフロアには、未来の宇宙の暮らしや乗り物など、児童生徒が想像力を膨らませてのびのびと描いた力作が並んだ。

洋画家の清水正男さんを審査委員長に6人が審査。小学生6点と中学生3点の最優秀賞をはじめ、優秀賞15点、特別賞18点、優良賞54点、秀作270点、入選822点の入賞計1188点を決めた。

清水委員長は「福井の子どもたちが描く宇宙は、暗黒の世界ではなく実に色彩豊か。魚釣りや花壇など身近な生活から発想される画題を選んでいる子が多く、潤いのある宇宙の夢に感動させられた」と話していた。

表彰式は11月23日に坂井市の県児童科学館で。優良賞以上を同23日から12月1日まで同科学館で、秀作以上を12月下旬に本社で展示する。

特別賞以上は次の皆さん。

【小1】▽最優秀賞(毛利衛賞) 池田峰正(啓蒙)▽優秀賞 平林茂篤(平泉寺)藤田梨央(三国北)▽特別賞 伊藤永悟(金津)坂森理人(中郷)
【小2】▽最優秀賞(知事賞) 田村十兵衛(越廼)▽優秀賞 岸賢佑(社北)松島光希(下庄)▽特別賞 織田悠生(加戸)吉田來稚(常磐)
【小3】▽最優秀賞(福井新聞社賞) 中島さあや(今富)▽優秀賞 伊藤琉騎(萩野)藤本昴(武生南)▽特別賞 黒川栞(日之出)小西遼真(本荘)
【小4】▽最優秀賞(福井新聞社賞) 畑中優佑(有終東)▽優秀賞 中島広太郎(社南)伊藤愛乃(神明)▽特別賞 石川胡花、野尻新(啓蒙)
【小5】▽最優秀賞(知事賞) 藤井環気(春山)▽優秀賞 向奏太郎(木田)藤田将旗(雄島)▽特別賞 浜川照矢(中央)橋本理央(小浜美郷)
【小6】▽最優秀賞(毛利衛賞) 村井乃彩(麻生津)▽優秀賞 小谷季(木田)南部匠成(神明)▽特別賞 廣濱好真(西藤島)岡林大知(酒生)
【中1】▽最優秀賞(知事賞) 中屋咲希(灯明寺)▽優秀賞 松本麻奈可(武生一)▽特別賞 岩本ほたる、寺外珠梨(成和)増田優衣(鷹巣)
【中2】▽最優秀賞(福井新聞社賞) 久保莉乃(三方)▽優秀賞 大谷地愛梨(小浜)▽特別賞 久保汐里(勝山中部)加門宗冴(小浜)
【中3】▽最優秀賞(毛利衛賞) 幸田暖大(高志)▽優秀賞 佐々木陽向(今庄)▽特別賞 上田咲成(小浜)

手作りの移動式プラネタリウムに歓声 星空キャンプ・福井新聞スペースキッズ

ドーム内で星空観察を楽しむ児童たち=2019年8月22日、福井県あわら市の福井県立芦原青年の家
ドーム内で星空観察を楽しむ児童たち=2019年8月22日、福井県あわら市の福井県立芦原青年の家

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」の夏イベント「星空キャンプ」(2019年8月22~23日、福井県立芦原青年の家)。 「おーきれい!」「天の川が見える!!」。直径5メートルのドームの内部に夏の星空が映し出されると、児童から歓声が上がった。22日夜は外で星空を観察する予定だったが、あいにくの曇り空のため体育館に場所を移しプラネタリウム上映に変更。児童は床に座ったり、寝そべったりしながら、この日見えるはずだった星空を堪能し宇宙への憧れを強くしていた。

使用した移動式のプラネタリウムドームは、県内大学生や高専生、高校生らと福井新聞社の記者による「どこでもプラネタリウム(どこプラ)プロジェクト」のメンバーが昨年度に製作した。扇風機を使って膨らませ、内部ではプラネタリウムのソフトの映像をプロジェクターで投映した。

プラネタリウムは、15~30人ずつ5回に分けて上映し、県立芦原青年の家の平田幸憲主任がガイドを務めた。平田主任は「星座はかつて、方角を知る手がかりになっていた」と話し、夏の夜空に見えるさそり座、いて座、へびつかい座のほか、こと座、わし座、はくちょう座の夏の大三角の位置と、これらの星座にまつわる物語を紹介。児童はドーム内の“星空”を眺めながら想像を膨らませていた。

福井市中藤小5年の女児は「星座に関する物語を知ることができて面白かった。住んでいる場所では(明かりの影響で)あまり星が見えないので、プラネタリウムできれいな星空を見られてうれしかった」と声を弾ませていた。

カレーライス作りに夢中 星空キャンプ・福井新聞社スペースキッズ

みんなで協力して作ったカレーライスを味わう子どもたち=2019年8月22日、福井県立芦原青年の家
みんなで協力して作ったカレーライスを味わう子どもたち=2019年8月22日、福井県立芦原青年の家

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)の夏イベント「星空キャンプ」(2019年8月22~23日、福井県立芦原青年の家)。22日の夕食は炊事場でカレーライス作りに挑戦した。7~8人ごとに14班に分かれ、火おこしや野菜切り、皿洗いなど役割分担し、協力して取り組んだ。

火おこしではなかなか火がつかず苦戦したが、友だちと協力してうちわをあおぎ、火の勢いを強めた。「水の量はこれくらいかな」「野菜はこうやって切るといいよ」など相談し合い、2時間ほどかけて完成した。

「いただきます!」。班ごとで合唱し、おいしそうにカレーをほおばった。福井市春山小5年の男児は「ちょっと水っぽくなったけど、みんなで作ったカレーはおいしかった」と笑顔で話していた。

星空キャンプ、手作りペットボトルロケットに大興奮 福井新聞社スペースキッズ

手作りのペットボトルロケットを飛ばし飛距離を競う児童たち=2019年8月23日、福井県あわら市の県立芦原青年の家
手作りのペットボトルロケットを飛ばし飛距離を競う児童たち=2019年8月23日、福井県あわら市の県立芦原青年の家

 

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)の夏イベント「星空キャンプ」が2019年8月22、23の両日、福井県あわら市の県立芦原青年の家で開かれた。県内の小学5、6年生約90人が自作のペットボトルロケットを飛ばして飛距離を競ったり、移動式のプラネタリウムで星空を観察したりして、宇宙や科学の魅力に触れる充実の2日間を過ごした。

「3、2、1、発射!!」―。23日に芝生広場で行われたペットボトルロケット大会では、児童手作りのロケットを打ち上げて飛距離を競った。カラーテープやフェルトペンで思い思いにデザインした“自慢の一機”は、水しぶきを勢いよく噴射させ大空へ。児童たちは歓声を上げながら、夏の思い出を目に焼き付けた。

ロケット作りはキャンプ初日の22日に行った。県児童科学館(坂井市)のスタッフから、ペットボトル内の水が空気で押し出される反動で飛ぶことを学んだ後、製作スタート。遠くまで飛ぶロケットになるよう、ペットボトル側面に取り付ける羽根の枚数や形をじっくり考察。とがった形や丸みを持たせた形にするなど工夫し、好みのデザインに仕上げた。

大会では1人2回ずつ打ち上げた。ロケットに水を注入し慎重に発射台へ。児童のカウントダウンでレバーを握ると、大きな放物線を描いたり、低い弾道で真っすぐ飛んだりとさまざまな軌道を描いた。2回目は水の量や空気圧を変えて挑戦。児童たちは「うわーすごい!」「今の(ロケット)が一番飛んだんじゃない?」などと終始大興奮。1回目に思うように飛ばなかった児童は「まだもう1回ある」と、水の量や空気圧を考えながら2回目に臨んでいた。

福井市国見小5年の男児は「遠くまで飛んで気持ちよかった。羽根の方向を変えてまた飛ばしたい」と充実した表情。同市木田小5年の男児は「迫力があってドキドキした。夢は宇宙飛行士になること。自分が作ったものよりも大きなロケットに乗って、宇宙へ行きたいという思いが強くなった」と目を輝かせていた。

星空キャンプ、宇宙への夢育んだ2日間 スペースキッズ、福井県の芦原青年の家で

ペットボトルロケットの完成を喜ぶ児童たち=2019年8月22日、福井県あわら市の県立芦原青年の家
ペットボトルロケットの完成を喜ぶ児童たち=2019年8月22日、福井県あわら市の県立芦原青年の家

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)の夏イベント「星空キャンプ」が8月22、23の両日、福井県あわら市の県立芦原青年の家で2日間の日程で行われた。初日は県内小学5、6年生84人がロケットが飛ぶ仕組みを学び、ペットボトルロケット作りに挑戦した。

⇒星空キャンプの写真集を見る

イベントは、宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指そうと福井新聞社が展開している「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環で、今回で3回目となる。

ペットボトルロケット作りは、県児童科学館(坂井市)のスタッフが指導。児童たちはボトル内の水が空気で押し出される反動で飛ぶことを学んだ後、製作開始。ペットボトルの側面に取り付ける羽根を何枚使えば遠くまで飛ぶかを自分なりに考え、羽根の角を丸く切ったり、とがった形にしたりして思い思いのデザインに仕上げた。

昨年に続いて参加した福井市の小学6年生の女児は「前回は羽根を3枚にしてバランスが悪かったので、今回は4枚にしてみました」と笑顔。ロケットには「とおくまでとびますように」とメッセージを添え「早く飛ばしたいし、いつか本物のロケットが飛び立つ瞬間も見てみたいな」と夢を描いていた。

この日は曇りで星空が見えなかったため、当初の予定を変更し体育館でプラネタリウム鑑賞会を開いた。県内大学生や高専生、高校生らと福井新聞社の記者による「どこでもプラネタリウム(どこプラ)プロジェクト」で製作した直径5メートルの移動式ドームを使用。内部に設置したプロジェクターから、この日見えるはずだった星空が映し出されると、児童は「きれい」と歓声を上げて喜んでいた。

福井信用金庫による金融教室もあった。23日はペットボトルロケット大会を開き、児童が自作した自慢のロケットを飛ばした。

ふくい宇宙アイデアソン 「食」の部プレゼンテーション内容

「V1」チーム

■3位 「V1」 好きな体勢で寝られる服

「V1」チーム
「V1」チーム

宇宙でのストレス増大の原因の一つに、睡眠の質の低下がある点に着目した。寝袋を使って体を固定していた従来の就寝スタイルを改善できる服を目指した。

たどり着いたのは、浮遊せず、好きな体勢で寝られるよう微細な吸盤をトップスとボトムスそれぞれに取り付けるアイデアだ。生地は、保湿性があって肌触りの良い羽二重織物と、丈夫なポリエステルを使用することで、心地よさと耐久性を両立。恐竜、カニといった福井県の特色をモチーフにしたデザインとした。

ただ、寝返りをうったときに吸盤が取れてしまう心配があった。吸盤の耐久性を調べ、服の部位によって吸着力が異なる吸盤を付けるよう工夫した。腕やふくらはぎなどよく動かす場所には吸着力が低い吸盤を、背中などあまり動かさないと考えられる場所は吸着力が高い吸盤にすることにした。

メンバーは「力を合わせて考えたことが評価されてうれしい」と声を弾ませた。

「福井文化服装学院」チーム
「福井文化服装学院」チーム

■「福井文化服装学院」 宇宙生活、洋服で豊かに

「ファッションを通じて、宇宙での生活を豊かにしたい」。そんな思いから、閉鎖空間であるISS内でのストレスを軽減し、気分を高められる男女の服を形にした。

生地は抗菌、消臭効果がある天然竹繊維を使用。上着の脇などにあるひだはオーロラ色に反射する反射材を使い、華やかさを演出している。いずれも県内企業の素材だ。

生地の無駄を抑えるため、長方形に裁断した生地をつなぎ合わせる着物の作り方を採用した。これは洗濯ができないISS内で清潔さを保つ工夫でもあり、汚れた部分のみを簡単に取り換えられる。

「まるぱん」チーム
「まるぱん」チーム

■「まるぱん」 水で復元できる圧縮下着

宇宙でも自分らしくおしゃれに―。水で復元できる圧縮した下着「コンパクトインナー」を提案した。下着の体積を小さくすることで宇宙飛行士が持ち込む荷物に余裕ができ、好きなTシャツやズボンなどの衣類を持ち込めるようにするアイデアだ。

下着の代わりに圧縮したタオルで実験したところ、圧縮袋に入れたタオルと比べて体積が4分の1になった。下着の素材についても検証し、肌触りが良く吸水性の高いコットンリネンが最適と結論づけた。下着の製造には、福井の繊維技術を生かせることも強調した。