「宇宙写ってる」「最高」 スペースバルーン挑戦7カ月

スペースバルーンの機体(右)から回収した映像データをパソコンで再生する福井高専生。鮮明に撮影されていることを確認し歓喜の表情をみせた=5日、宮古島市の佐良浜港

「やったぞ! 地球写ってる!」「宇宙は真っ暗!」―。スペースバルーンプロジェクト「ふーせん宇宙船」で、沖縄県宮古島市沖の海上で回収したカメラの映像データが無事再生された瞬間、福井高専生5人の笑顔がはじけた。高度約3万メートルの成層圏での撮影を目指し、機体の設計・製作に取り組み続けた7カ月。多くの実験や機体改良を重ね、撮影成功にこぎ着けた。

「波の合間に見える!」。福井高専生と本紙記者が港から漁船で機体の回収に向かってから約1時間15分。海上では強い雨に見舞われ大きく船が揺れる中での捜索となったが、宮古島の西の伊良部島沖約20キロに浮かぶ蛍光色の手作り機体を無事見つけた。ただ、撮影できているかどうか分からない。着水の衝撃でカメラは壊れていないか。海水が入り映像データは消えていないか。不安を抱えたまま、船上でカメラ内のカードを抜き取り、データが壊れないよう素早く真水に浸した後、乾燥させた。

宮古島(沖縄県)

「無事に写っていて…」。午後0時半、港に船が戻ると、学生5人は早速パソコンを囲み、祈るような思いでデータを再生した。ぐんぐん上昇する景色や雲を突き抜ける様子、風船が割れる瞬間などを確認すると、「よかった」と喜びの声があふれた。

この日、打ち上げ場所の砂浜で早朝から準備を開始。風船にヘリウムガスを注入して膨らませ、打ち上げるまでに20以上の手順があるが、一つでも欠ければ成層圏での撮影は困難となる。▽機体内のカメラのセッティング▽風船と機体をつなぐひもの結束―など、8人全員がそれぞれの役割を慎重に、的確にこなした。カウントダウンする余裕もないまま、ゆっくり手を放すと、風船は計算通りの速さで成層圏に向かって旅立った。休む間もなく海上班3人は港に移動し、漁船に乗り込み機体の回収へ。陸上班5人は島の高台から風船の位置をパソコンで確認し、無線で船に伝え続けた。

スペースバルーンを打ち上げる福井高専の生徒ら=15日、宮古島北部の海岸

リーダーを務める同高専4年の渡辺虎生太(こおた)さん(19)は「今までインターネットでしか見たことのなかった地球を見下ろす映像を、仲間と力を合わせて自分たちで撮影できたことに感動した。最高の気分」と興奮冷めやらぬ様子。漁船に乗って陸上班と無線でやりとりし、回収地点まで誘導する重要なミッションを果たした山本雄太さん(19)は「メンバーは役割分担し技術的な課題に対して試行錯誤してきた。チームプレーの成果です」と仲間に感謝した。

打ち上げに同行したスペースバルーンの国内第一人者、岩谷圭介さん(31)=北海道在住=は、「天気、波、装置の設計など不安要素は多かったと思うが、みんな本当によく頑張った。数々の問題を解決してきた経験は、将来必ず役に立つ」とねぎらった。

輝く地球撮った、高度約3万メートル スペースバルーン打ち上げ、回収

福井高専生と福井新聞記者が打ち上げたスペースバルーンで成層圏から撮影された画像=15日午前8時50分ごろ

漆黒の宇宙に浮かぶ地球は、太陽に照らされてまばゆい輝きを放っていた―。福井高専生5人と福井新聞の記者3人が取り組むスペースバルーンプロジェクト「ふーせん宇宙船」(鯖江精機、ナカテック特別協力)は15日、沖縄県宮古島市で機体を打ち上げ、高度約3万メートルからの撮影に成功した。成層圏から捉えた地球の様子が鮮明に写っており、宇宙の壮大さを実感したメンバーは喜びに浸った。

この日は午前6時すぎから宮古島市北部の海岸で打ち上げ準備を開始。気象観測用の風船にヘリウムガスを注入して直径約2メートルに膨らませ、4台のカメラを搭載した発泡スチロール製の機体をつり下げ、同7時半に打ち上げた。

風船は成層圏に到達後に破裂し、機体は海上に着水。回収した機体内のカメラのデータを確認すると、打ち上げ後にぐんぐん上昇していく様子や、真空に近い状態の成層圏から宇宙と地球が見える場面など、着水するまでの約100分間の映像が鮮明に写っていた。機体の側面に取り付けた福井県の恐竜ブランド「ジュラチック」キャラクターのラプトが、縮小版の福井新聞を背負って“成層圏旅行”する様子も捉えた。

回収は、風向きや機体の重量などからおおよその飛行経路を割り出すなどして把握。陸上から無線で指示を出す班と、漁船で機体を探す班に分かれて取り組んだ。宮古島の西にある伊良部島の沖合約20キロ地点で、打ち上げから約3時間半後に発見した。

スペースバルーンは、宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指そうと福井新聞社が展開している「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環。

打ち上げ、10月15日に延期 天候不良で

打ち上げが翌日に持ち越しになり、機体(右)やパラシュートを最終チェックする福井高専生=14日、沖縄県宮古島市

福井高専生5人と福井新聞の記者3人が取り組むスペースバルーンプロジェクト「ふーせん宇宙船」(鯖江精機、ナカテック特別協力)は、14日に沖縄県宮古島市で予定していた機体の打ち上げを、天候不良のため15日に延期した。波が高く海上での機体の回収が困難になることから、専門家らの助言も踏まえて判断した。

スペースバルーンは、カメラなどを搭載した発泡スチロール製の機体を気象観測用の直径約2メートルの風船を使って打ち上げ、高度約3万メートルの成層圏から宇宙や地球を撮影する試み。上空では気圧が低くなるため、目標高度付近に達すると風船が膨張して破裂し、パラシュートが開いて落下する。同市の海岸から打ち上げて海上に着水させ、漁船で回収に向かう。

宮古島地方気象台によると、14日は打ち上げ予定時刻の午前9時の風速が6・3メートル。専門家の岩谷圭介さん(31)=北海道在住=や地元漁師から「波の高さは4~5メートルとみられ、回収に行くのは難しい」との助言を受け、翌日に持ち越すことにした。同高専生の一人は「天候だけはどうしようもない。でも残念」と恨めしそうに海を見つめた。

ただ、岩谷さんらによると、15日は天候が回復する見込み。リーダーを務める同高専4年の渡辺虎生太(こおた)さん(19)は「何としても打ち上げて成功させたい」と前を向き、機体の最終調整に取り組んだ。

「ふーせん宇宙船」は、宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指そうと、福井新聞社が展開している「ゆめ つくる ふくい」プロジェクトの一環。

川端奏介君(今庄小)ら最優秀賞 宇宙絵画コンクール審査

子どもたちの夢にあふれる作品が寄せられた宇宙絵画コンクールの審査会=14日、福井新聞社

宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指す「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環として、今年初めて募集した「宇宙絵画コンクール」(福井新聞社主催、オーイング特別協賛)の審査会が14日、福井新聞社で行われた。福井県内3140人の子どもたちが描いた「宇宙での夢」を専門家6人が審査し、最優秀賞に川端奏介君(今庄小1年)ら6人を選んだ。

県内の82小学校、24中学校、2特別支援学校から小学生2650点(特別支援学校11点含む)、中学生490点の応募があった。画材はクレヨン、水彩、油彩など自由。テーマの「宇宙での夢」に沿って▽宇宙でしてみたいこと▽こんな宇宙旅行をしたい▽宇宙でこんな仕事をしたい▽未来の宇宙の様子―など、子どもたちの夢があふれる作品が寄せられた。

審査は元中学校美術教諭で洋画家の清水正男さんが審査委員長を務め、学年ごとに作品をチェック。小学生、中学生の部それぞれの最優秀賞3点、優秀賞6点、オーイング賞9点をはじめ、優良賞、秀作、入選を合わせて入賞計675点を選出した。清水審査委員長は「作品から子どもたちが、宇宙に対する希望や夢を膨らませて楽しんで描いたことが分かる。中でも子どもの自由な発想が伝わってくる作品を入賞にした」と話した。

表彰式は11月3日、福井新聞社・風の森ホールで行われる。入賞作の一部は同日から5日まで、福井新聞社・風の森ギャラリーで展示される。

主な入賞者は次の皆さん。

【最優秀賞】川端奏介(今庄小1)大塚千旦(敦賀北小4)谷口舞(北日野小6)田中杏奈(灯明寺中1)酒井瞳(同2)加藤美友(今庄中3)
【優秀賞】藤井愛音(北日野小1)山崎絢(神明小2)向奏太郎(木田小3)坂下菖蒲(松原小4)前川瑛亮(木田小5)山崎昊(神明小5)前田陸斗(坂井中1)川畑皓平(春江中1)酒井ななみ(武生五中2)宗近祐里(万葉中2)勝見美春(今庄中3)蛭子海凪(美浜中3)
【オーイング賞】野尻康平(進徳小1)寺嶋陽向(啓蒙小2)橋本佳乃(春江西小2)竹田壮佑(下庄小3)齋藤暖仁(有終西小3)岡林大知(酒生小4)田中良(宝永小5)杉下剣心(富田小6)野坂優真(福井特支小6)横井歩夢(小浜二中1)大辻実佑(武生一中1)辰巳楓花(松岡中1)小林優花(今庄中2)出口元輝(武生六中2)松本誠也(中央中2)山口昇(今庄中3)建部真希(河野中3)竹阪茜(松陵中3)

飛行機の技術すごい!小松空港見学 プログラミング体験も

機体の間近で、整備士から構造を教わる団員=7日、石川県小松市の小松空港

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)の秋イベント「飛行機の裏側見学&プログラミングツアー」が7日、石川県小松市で開かれた。小学5、6年生の団員76人が参加し、小松空港で着陸した直後の旅客機を間近で見学。機体に触ったり、真下から見上げたりして「飛行機には機械がいっぱい詰まっている!」と空を飛ぶ技術のすごさに感嘆していた。

イベントは、宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指そうと福井新聞社が展開している「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環。

「ゴー」という迫力満点のエンジン音とともに、羽田空港発の旅客機ボーイング767(260人乗り)が降り立つと団員は大はしゃぎ。機体の間近に集まって、日本航空の整備士から構造の説明を受けた。

直径1メートル以上のタイヤに触ると「温かい」と驚いた様子。着陸直後は摩擦で約40度と教わった。エンジンの吸気口前では直径約3メートルの大きさを目の当たりにし、ファンの羽根が38枚と確認。上空で氷の塊を吸い込まないよう、吸気口付近を温めているという工夫を学んだ。

機長は偶然、あわら市金津小出身の近藤敬(たかし)さん(48)で、団員は熱心に質問し交流した。約30分後、近藤機長が操縦する羽田行きの離陸を団員全員で手を振りながら見送った。記念写真を撮った岡本陽輝(はるき)君(福井市湊小5年)は「パイロットと話せてうれしかった。飛行機にはいっぱい機械があり、整備されていることを初めて知った」と笑顔で話した。

その後、団員は近くの科学館「サイエンスヒルズこまつ」を訪れ、車の形のロボットをプログラミングし走行させる体験を楽しんだ。

機体完成、宇宙撮影いざ!! 工夫随所に

完成したスペースバルーンの機体。海で発見しやすいようピンクの蛍光色で塗り、旗を立てた。側面に小型カメラを搭載している=福井高専

福井高専生5人と福井新聞の記者3人が取り組むスペースバルーンプロジェクト「ふーせん宇宙船」(鯖江精機、ナカテック特別協力)で、沖縄県宮古島市で打ち上げる機体が完成した。高度約3万メートルから、機体に搭載したカメラで宇宙や地球を撮影する計画だ。プロジェクト始動から7カ月。メンバーは上空の低温環境下でもカメラを作動させ続けたり、海上への落下時に転覆したりしないよう工夫を重ねてきた。打ち上げ本番は14日。ミッション成功に向け最終調整を進めている。

宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指そうと、福井新聞社が展開している「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環。3月から製作に取り掛かった。

箱形の機体は、縦26センチ、横35センチ、高さ42センチ。重さは約1600グラムで全て手作り。同じ構造の機体を時間差で2機打ち上げる。カメラなどを収める箱は発泡スチロール製。心もとなく思えるかもしれないが、意外に丈夫だ。機体が海上に着水した際の転覆を防ぐため、箱の上部には高さ約30センチの発泡スチロールの部材を取り付けて重心を低くした。

1機当たり4台のカメラを搭載する。通常の小型カメラ2台と、約180度撮影可能なカメラが2台。映像を組み合わせることで360度の“視界”を楽しめる動画を作る計画だ。マイナス70度以下になる上空の低温環境下でもカメラを作動させ続けられるよう、シート状のヒーターで保温する仕組みを備えた。

温湿度や位置情報を記録するマイクロコンピューター(マイコン)も搭載し、箱の側面には県の恐竜ブランド「ジュラチック」キャラクターのラプトを取り付けた。

風船を浮かべてひもで係留し、空撮実験に取り組むメンバー=9月、福井市の三里浜

学生のリーダーを務める渡辺虎生太(こおた)さん(19)=福井高専4年=は「考えられるだけの対策を施した」と語り、本番が待ちきれない様子。廣野晴夏さん(19)=同=は「不安もあるけど、みんなの力で絶対成功させたい」と意気込んでいる。

今回のスペースバルーンは航空法上、「気球」に該当する。旅客機などの飛行に影響を及ぼす可能性があるため、打ち上げる日時や飛行経路を事前に関係機関に申請し、11日までに許可を得た。

岩谷圭介さん、試作機の出来に太鼓判

専門家の岩谷圭介さん(右から3人目)から機体の改善点を学ぶ福井高専生=8月、福井県鯖江市の同校

打ち上げ成功に向け、勇気づけられた1日だった。福井高専生5人と福井新聞の記者3人が挑戦中のスペースバルーンプロジェクト「ふーせん宇宙船」(鯖江精機、ナカテック特別協力)で先ごろ、スペースバルーンの国内第一人者の岩谷圭介さん(31)=北海道在住=を福井県鯖江市の福井高専に招きアドバイスを受けた。本番を想定した試作機を見てもらったところ「しっかり作り込まれていますね」と評価は上々。え、本当に? 飛び出したほめ言葉に、メンバーの心は躍った。

岩谷さんは北海道大の学生時代にスペースバルーンに独学で取り組み始め、2012年に個人として初めて国内での打ち上げを成功させた。これまでに95機の機体を製作、84回の打ち上げ実績がある。私たちメンバーにとっては“雲の上の存在”と言っても過言ではない。

岩谷さんからは活動を開始した3月から、電話やメールで助言をもらっていた。その際、岩谷さんが強調していたのは「まずは自分たちで考えてほしい」ということだ。特に学生に対しては、自力で壁を乗り越えてもらいたいとの思いが込められていた。岩谷さんの言葉を胸に刻み、メンバーは議論や実験を重ね、試行錯誤を繰り返してきた。

星空キャンプ「星の海」神秘的

プラネタリウムを楽しむスペースキッズ
プラネタリウムを楽しむスペースキッズ

スペースキッズの団員は8月2日夜、福井県大野市の県自然保護センターを訪れプラネタリウムの観察も楽しんだ。「星がいっぱい。神秘的だな」。頭上に映し出された無数の輝きを眺めて声を弾ませた。

⇒【写真】星空キャンプのようすをもっと

プラネタリウムがある部屋に入り席に着くと「早く見せて」と待ちきれない様子の団員たち。六呂師高原から見える星空が天井に映し出されると、「すごい!! きれい!!」と星を指さして歓声を上げていた。夏の星座の見方や星の特徴についての説明を受けながら観察。星を線でつなぐと浮かび上がる、はくちょう座やわし座、へびつかい座などに見入り、宇宙への興味を広げていた。

夏の大三角を作る星座の一つ、こと座にまつわる切ない愛の物語も学んだ。前田桜奈さんは「星座一つ一つにストーリーがあるのが面白い」と話していた。

マイ・ロケット完成! 大野で星空キャンプ

野外体験や科学実験を通して宇宙への興味を育む福井新聞社の「スペースキッズ」(福井信用金庫特別協賛)のイベント「宇宙っておもしろい 星空キャンプで夏満喫」が2日、福井県大野市の県奥越高原青少年自然の家を舞台に2日間の日程で始まった。初日は小学5、6年生の団員89人が、ペットボトルロケット作りに挑戦。プラネタリウムでの星座観察も満喫し、団員たちは「いつか本物のロケットを打ち上げてみたい」と宇宙に思いをはせていた。

⇒【写真】星空キャンプのようすをもっと

イベントは、宇宙分野や科学技術に携わる人材育成を目指そうと福井新聞社が展開している「ゆめ つくる ふくいプロジェクト」の一環。

「ロケットはどうして飛ぶのかな」。講師の県児童科学館(坂井市)職員の問い掛けで始まったペットボトルロケット作り。団員は、ペットボトル内の水が空気で押し出される反動で飛んでいく仕組みを学び、燃料は違っても本物のロケットと同じ原理で飛ぶことに興味津々。バランスを取るためペットボトルに取り付ける羽根の角を丸くしたり、とがらせたりして思い思いのデザインを考え、自分だけのロケットを完成させた。

阿宇礼三倶得(あうれみげる)君(社北5年)は「遠くまで飛びそう」と仕上がりに満面の笑み。宇宙飛行士になるのが夢と話し、「大きくなったら本物のロケットに乗りたい」と目を輝かせていた。

夜は県自然保護センターに移動し、プラネタリウムで星座観察を楽しんだ。福井信用金庫による金融教室もあった。3日はペットボトルロケット大会を開き、団員が自作した自慢のロケットを飛ばす。

真空対策、防水もOK 撮影機体実験着々と

実験を行う福井高専生

福井高専生5人と福井新聞の記者3人が挑戦中のスペースバルーンプロジェクト「ふーせん宇宙船」(鯖江精機、ナカテック特別協力)。カメラを搭載した箱形の機体を風船につるして打ち上げようという取り組みなのだが、成功に向けてクリアすべき新たな課題が見つかった。上空での「気圧」の問題だ。

計画では、風船は高度約3万メートルまで上がって破裂し、海に落下した機体を回収する。機体は安価で軽く、加工しやすい発泡スチロール製の箱。機体の外側にはカメラのレンズを露出させる穴を開けており、ここにわずかな隙間ができるが、樹脂で埋めて密閉した。隙間から外気が入り込んだり、海に落ちた後に海水が流入するのを防ぐためだ。

しかし、ここで懸念が生じた。気圧は高度が上がるほど低くなる。一方、密封された箱の中は気圧が低くならないため、外気と気圧差ができ、箱が内部からの圧力で壊れる可能性があるのではないか。

上空で箱が破裂―。そんな最悪の映像が頭に浮かんだ。ほかのメンバーに相談すると、福井高専4年の渡辺虎生太(こおた)さんが「その可能性もあるかも。実験して確かめてみましょう」と提案。早速、準備に取り掛かった。